親父の実家で始めた民宿「深三」の日常 あくまでも個人的なブログです・・


by yadofukasan
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

おめでたい話しを一つ・・・

輪島の最初の友達って誰だろう・・・
おそらくナオではなかろうか・・・

親父が定年Uターンして輪島で民宿を始めた時、初めてバイトに来たのが当時高校生のナオ。
オカンも輪島に来たばっかりで、友達もいなかったから、ナオはすごく可愛かったらしい。
花見やゴハンをよく一緒に行ったと聞いていた。

当時お笑いが好きで学校でも漫才をしていたといナオは、大阪にすごく興味を持っていた。
僕が大阪でのサラリーマン時代、会社が休みのGWや盆に深三に来た時、「話しを聞かせてください」ってよく言われた。
そしてナオは案の定、短大は大阪へ出てきた。
そのまま大阪の有名企業に就職。
せっかくの有名優良企業を辞めて、いきなりワーキングホリデーでオーストラリアに行ったかと思えば、帰ってきて七尾の専門学校へ通いだした。
三十路を超えて、やっぱオーストラリアで教師をしたいと再びオーストラリアに行ったり・・・

そんなナオから昨晩電話がかかってきて、「婚姻届出すから、証人になって!」っと・・・
相手は大阪に住む「結婚の報告は直接!」っと、グランドまで来てくれる律儀なイケメン彼氏。
彼のヨーヘ君も何年も前から知ってるから、そりゃ私たちで良ければ喜んで・・・
さぁこれで、ようやくナオも落ち着いて・・・なんて行かないのがナオ。
でも、ひとまずオメデト。
f0027396_10313056.jpg

おめでたい話しなので、桜の画像を。
輪島の桜の名所一本松公園。
ミホは友達は大阪の親戚と一緒に行ってきたらしい。
雨が降る前に僕も・・・っと時間を見つけて一人で行って来ました。
[PR]
by yadofukasan | 2009-04-15 09:57 | 人、友人