親父の実家で始めた民宿「深三」の日常 あくまでも個人的なブログです・・


by yadofukasan
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

小学館「和楽」5月号 常食の知恵

先日取材に来て頂いた小学館の「和楽」が発売されています。
「和楽」は、定期購読オンリーですが本屋さんの店頭に大概見本誌が置かれているので、興味のある方は、見てください。
 深三は2度めの、フードジャーナリストの向笠千恵子さんの連載「常食の知恵」。
海草料理の撮影でした。

 今日は朝市でヒラメやアジを購入。
最近、頻繁にあがっていて、気になっていたマスがトロ箱にいっぱい。
そしたら、マスの頭を2個くれました。
「焼いて食べぇ。コタとハナ1個ずつやからケンカせんやろ。」
ミホとダイは??
マスの頭を焼いて食べるなんて知らんかった。
ブリのように大きくないので、食べれるところは少ないが、口に入れると何とも美味しい香りが鼻から抜けていく。
ん~、輪島の魚は奥が深い。

保育園にハナを迎えに行くと、転勤になった去年までのハナの担任のサトコがいた。
「早番やったから見に来たわ。ブログ見てるよ。」
深三には、なかなか遊びに来んなぁ。
いつ来るんや?
f0027396_17522284.jpg
f0027396_17535747.jpg

[PR]
by yadofukasan | 2006-04-11 17:55 | 輪島のまち