親父の実家で始めた民宿「深三」の日常 あくまでも個人的なブログです・・


by yadofukasan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

クモダコ確保!!(踊る大捜査線風)

夜遅くて朝早い仕事やから、昼に少し休みたい。
でもこれ、あくまでも希望。
学校が休みの時ぐらい、多少でもコタハナをかまってあげたいとも思っているし・・・。
・・・なので、気合いを入れて昼食後散歩に行こう!

 ダイ 「コタぁ~、ハナぁ~・・・散歩行こう」
 コタハナ 「別にいいよぉ~。どこ行くん?」(気のない返事)
 ダイ 「マリンタウン」
 コタハナ 「目の前やん!」

親父とは1年4ヶ月ほど、輪島で一緒に暮らした。
そして、その間よく親父と前の浜を歩いて、珪化木を拾った。
珪化木とは木の化石。
親父が拾い集めた珪化木は、深三の玄関やお風呂の湯船に埋めてある。
 そして、今も僕は、暇があると前の浜へ珪化木を拾いに行く。

水に濡れて木目がはっきり見える波打ち際が見つけやすい。
そして、波打ち際を凝視し歩いていると・・・
f0027396_14271126.jpg

タコを捕まえちゃいました。
コタハナ大興奮!!
そして・・・
f0027396_1428293.jpg

夜は大阪名物たこ焼きパーティーになってしまいました。

珪化木は、小さいけど木目がきれいなのが3つ。
そして、ミホはお昼の散歩にはついて来ず・・・。
[PR]
by yadofukasan | 2006-11-05 14:16 | 子供の成長