親父の実家で始めた民宿「深三」の日常 あくまでも個人的なブログです・・


by yadofukasan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

珪化木公園

民宿の定義は、「一般の民家が営業許可を得て営む宿泊施設」とあります。
 小さい頃家族で行った民宿の写真が一枚だけある。
場所も料理も覚えてないけど、イメージだけ頭にある。
 農家民宿しいたけ小屋。
ホントの民宿ってこんな感じやろうなぁ。
襖を仕切りに左隣の部屋はマリアさん、右隣の部屋はイッシー夫妻。
うまく表現できないけど、食事を一緒にして洗面所、お風呂、トイレを仲良く使い、みんなを近くに感じる。
・・・今の深三を考え直してみよう。

朝起きてみんなに挨拶。
あんだけ遅くまで飲んだのに、しっかり朝ごはんを頂いた。
1月というのに天気は最高にいい。
日差しがポカポカ暖かい。
コタハナは外に出たくて駄々をこねだした。
白菜、梅干そして自慢のシイタケを頂いて、名残惜しいけど出発。
シイタケ小屋から車で5分足らずの所に、僕たちの大好きな公園がある。
きれいな砂浜もあり、野球したり貝拾いをして帰った。
f0027396_16175778.jpg

以前からミホが気になってたという能登町の「珪化木公園」に寄った。
大きな珪化木が並んでいて、説明書きもありとても面白かった。
深三の風呂や玄関にも珪化木が埋められていて、僕も前の浜で珪化木を拾うのは大好き。
[PR]
by yadofukasan | 2007-01-21 15:45 | 人、友人