親父の実家で始めた民宿「深三」の日常 あくまでも個人的なブログです・・


by yadofukasan
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

東京行きで思ったこと

ケンちゃんの結婚式は、仲人なしの親しい人だけ招待しての式だった。
 反対に10年前の僕の結婚式は、輪島に生まれ育った訳でもなく、当時輪島に住むとは思わなかったのに父の強い意向で輪島でしたため、知らない人も多数出席した結婚式だった。
 輪島で生まれ育ってない僕が、輪島で結婚式を挙げた事自体不自然だったが、運命は決まっていたのか、父の病気で輪島に移り住むことになり、今思えば輪島での結婚式はとても幸運な事だった。
 でも、輪島に住んで、義理で葬式に出席したり香典を持って行く事にすごく疑問を持っている。
結婚式は本当に喜んでくれる人やお世話になった人、葬式は本当に悲しんで偲んでくれる人が出席するのが僕の中では常識。
そんな簡単なものではないかも知れないが、枠や形式ってかなりわずらわしい代物。
この先、僕の考えも変わってくるだろうし、輪島も変わってくるとは思うけどね・・・
 
立川から東京に行く電車の途中で、御茶ノ水駅を通過した。
見たような風景・・・
 血縁ではないが、僕の大事な人が入院していた病院。
一回しかお見舞いに行けなかったが、この情景は頭にしっかり入っている。
残念ながらもういなくなってしまったが、今だに信じていない。
でも、こうしてその人の事を思い出すって大事なこと。
そう思える人ってなかなかいないだろうが、一人でも増えたらいいなと思う。
そして僕もそう思われる人にならなければ・・・
 今回の東京行きは、いろんな意味で有意義だった。
f0027396_2215347.jpg

[PR]
by yadofukasan | 2007-01-29 21:20 | 人、友人