親父の実家で始めた民宿「深三」の日常 あくまでも個人的なブログです・・


by yadofukasan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

東京小石川「一幸庵」の雛あられ

今日は、組合の役員会。
この時期、御陣乗太鼓の運営について、毎年議論する。
太鼓自体は非常に良いと思うが、「運営システム」と「市、観光協会、太鼓保存会の協力のバランス」がちょっと良くないように思う。
 今日の民宿組合役員会は、良い意見が出て組合役員の気持ちは、うまくまとまったと思う。
市と保存会がどうまとまるか・・
実演は来月から始まる。
どうなるか楽しみ。
f0027396_1534160.jpg
エッセイストのヒロコさんが、お土産に持って来てくれた小石川「一幸庵」の雛あられ。
ヒロコさんは輪島塗のみならず、日本の伝統工芸の作り手と使い手を結ぶ、さまざまな試みをされる方。
深三も色んな形で、大変お世話になっています。
最近では、去年の芸術新潮の取材でお世話になりました。
とても著名な方なのにすごく優しく、僕より年上なのにとても可愛らしい女性。
ヒロコさんが来るとなると、僕達も「「ピッ」と気が引き締まるが、来られると「ホッ」と気が和む感じ。
これからも深三と輪島の伝統工芸をよろしくお願い致します。
[PR]
by yadofukasan | 2007-03-08 15:54 | 人、友人