親父の実家で始めた民宿「深三」の日常 あくまでも個人的なブログです・・


by yadofukasan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

「能登の花ヨメ」と月刊「金澤」

「能登の花ヨメ」に題名が改められた。
題名に「能登」と付いたという事で、なおさら復興映画という意味合いが強くなったように思う。
白羽監督の意気込みが、すごく伝わってきた。
この製作記者発表の進行役西林プロデューサーも白羽監督も、何度も能登に通い、輪島にも深く入り込んでいる。
震災後すぐにとんできてくれ、救援物資を持ってきてくれた。
「阪神大震災で被災した経験のある監督しかできない映画」が出来ると感じている。
常連さんでもありマイミクでもあるお二方!深三家族も、心底応援してまっせ!期待してます!
f0027396_12384832.jpg
先月取材のあった月刊「金澤」が発売された。
能登の特集ということだったが、深三がお世話になっている人がたくさん出てる。
タイイチ兄貴を始め、塗師屋のオオサキさん、アキトさん、セトさん・・・
酒蔵の白籐さんに、和紙でお世話になってる遠見さん・・・
深三の隣には、珠洲の農家民宿「ヒロキチ」さん夫妻が・・・
27ページオールカラーの特集。
見ごたえあります。
これで680円は安い。
残念ながら関東関西では売ってないでしょうねぇ。
[PR]
by yadofukasan | 2007-06-21 12:37 | 人、友人