親父の実家で始めた民宿「深三」の日常 あくまでも個人的なブログです・・


by yadofukasan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

小豆島へ行こう

ショーちゃんから電話があった。
会社を辞めてから連絡をとってなかったので、もう10年近く経つ。
縫製職人で、年賀状も出してくれない人。
ショーちゃんも会社を辞めて、小豆島に帰ったから、連絡のつけようもなかった。
でも、会社の野球部でもお世話になったし、僕の独身時代は晩に誘ってもらったことも多かった。

そのショーちゃんからの電話。
ショーちゃんと呼んでいるが、もう歳は50半ばになっているはず。
しばらく電話で昔話をして、最後に「U嶋君にも、今から電話してあげなさい」と言われ電話切った。

U嶋さんは野球部の監督。
U嶋さんも、会社を辞めて、奥さんの実家がある長崎県の西彼杵郡という田舎に引越しされた。
その長崎には新婚時代に、ミホと2人で旅行にお邪魔したこともあるお世話になった人。
ここ2~3年、年賀状が来なくて気にはなっていた。

そして、思い切って、U嶋さんの携帯に電話。
「ゴメンな、ずっと年賀状出さんで・・・」っと言ってもらった。
いろいろ苦労があったらしい。
U嶋さんも小豆島出身。
歳も50半ばになってるやろうなぁ。

実はショーちゃんとU嶋さんは今一緒にいて、僕の話しになり、電話を掛けてきていた。
そう、U嶋さんは小豆島に帰ってきていた。
しかも1人で・・・
・・・ということは??
まぁ、今時そんなん珍しくないか。
でも、そんな苦労はしたくない・・・

生涯独身のショーちゃんと、晴れて独身のU嶋さん。
酒乱のショーちゃんと酒豪のU嶋さん。
小豆島は盛り上がってるんやろなぁ。
[PR]
by yadofukasan | 2008-02-20 12:28 | 人、友人