親父の実家で始めた民宿「深三」の日常 あくまでも個人的なブログです・・


by yadofukasan
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

またも酒宴ねたです・・・

「えっ?もうそんなにいってたんですか?」
ミドリは、僕の歳が32で止まってるらしい。
ちなみにミホの歳は28で止まってるという。
でもこの年齢だと、ミドリが高校生の時に、深三にバイトに来だした頃で止まってることになる。
本能的に年齢の話しは避けていたが、そんなにビックリされると正直思わんかった。
若く見えて32歳やったらうれしいけど、ただミドリの頭の中で、僕達の年齢が止まってるだけなので別にうれしくない。
ビックリされて、逆に俺がビックリ。
あなたより、あなたのお父さんお母さんの方が、俺と歳が近いのよ・・・
そんなミドリが、連休で輪島に帰ってきた。
その連休初日に深三で飲み会。
せっかくの休みに、うちでええの??
f0027396_19113739.jpg
・・・と思いつつ夜の・・・
あれ?何時まで飲んでたんや??
そう僕はまたしても寝てしまった。
起きたら缶ビールの空き缶の山、山、山・・・
おみごと!
衝動買いをしてしまった、珠洲市の宗玄酒造「にごり酒」。
刺身好きのミドリに、シケでまったく魚がなく、食べさせてあげれなかったのが心残り・・・
[PR]
by yadofukasan | 2008-02-22 18:32 | 人、友人