親父の実家で始めた民宿「深三」の日常 あくまでも個人的なブログです・・


by yadofukasan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

そして都会へ帰っていった・・・

f0027396_204823.jpg

・・・と言う訳でジュンちゃん達は船橋へ帰って行きました。

「お前のお父さんが、そんだけ俺にしてくれたって言う事だよ。」
とジュンちゃんのお父さんが僕にいったのは、僕の親父が他界した後電話で「何でそんなに僕たちの事気に掛けてくれるん?」って聞いた時の答え。

 親父の会社の同僚だったジュンちゃんお父さんは、僕を小さい時からよく知っているが、親父がいなくなってから尚更輪を掛けて気にしてくれた。
その気に掛けてくれたジュンちゃんのお父さんも今はいなくなってしまったが、こうして血もつながっていないお互いの子供達が親密に交流している。
親父の病気、ジュンちゃんのお父さんの病気があってからこそそうなった。
病気も悪いことばかりではない・・・
人との繋がり、絆、信頼関係なんてそんな偶然、奇跡、運命的なもの・・・
[PR]
by yadofukasan | 2008-03-06 20:02 | 人、友人