親父の実家で始めた民宿「深三」の日常 あくまでも個人的なブログです・・


by yadofukasan
カレンダー

<   2007年 03月 ( 27 )   > この月の画像一覧

「朝市は11日より営業します。」
夜魚屋のレイコちゃんから電話があった。
やっぱりなぁ。
今日みんなで朝市に行ったけど、なぁんにも出てなかった。

 予約客のキャンセルの被害は大きい。
残念だけど、しょうがいないね・・・
でも、みんな「必ず、また計画して行きますから」って言ってくれた。

深三の駐車場のブロック塀が、一部崩れかかっている。
その見積もりがでた。
「たかっ!」
ふぅ・・・ため息しか出ない・・・
「まだましな方や」
そりゃ分かっている。
でも、半壊した人は全壊よりまし、全壊の人は生きてるだけまし・・・
被害が大きい人も、小さかった人も、辛いもんは辛い。
 まだ、リフォームして数ヶ月しか経ってないのに、壁にヒビ入ってんで。
先祖から受け継いだ、器がたくさん割れてんで。
ましやけど、すごく辛いわ。
f0027396_13511274.jpg

ハナちゃんを従えて、コタは連日ホークスの試合をインターネット観戦。
それでもハナちゃんは、まだ地震の恐怖が癒えない様子。
口癖は「また、ユラユラなったらどうするん?」
[PR]
by yadofukasan | 2007-03-31 14:02 | 地震情報

高松より震災グッズ届く

深三にお泊りいただいていた復興支援の第一部隊が帰っていかれた。
毎日、朝早く出発し夜遅くに帰ってきていた。
本当にお疲れ様でした。
 最初は、食事の準備ができないので、素泊まりと言う事で受け入れさせてもらった。
でも、「何でもいいから夜、温かい物を食べたい」とのお願いされた。
正直、夜遅くの食事の準備は、今の僕たちの状況では負担が大きい。
別部隊の朝食もお願いされてる状態。
家の片付けは後回しとしても、危険な割れたガラスや食器は早急に片付けなければならない。
そんな精神的に余裕のない状態だったので、帰られた第一部隊の方々には気のまわらない対応で本当に申し訳なかった。
帰り際に「定年になったら、また来るね」って言ってくれたりした。
その時は、精一杯おもてなしさせていただきます。
 まだ、もう一部隊お泊まりいただいている。
僕らも、がんばらなければ!
f0027396_12445796.jpg

高松のオオちゃんから、震災グッズが届いた。
「えぇ?昨日の夜出したんよぉ!」って。
普段より早く着いたんちゃう?
いろんな種類あるんやなぁ。
大助かり。
さっそく取り付け開始!
[PR]
by yadofukasan | 2007-03-30 12:52 | 地震情報

能登半島地震情報5

昨日の朝、グラッっと揺れた。
余震にしては、震度5弱は大きいわ。

昨日はハナちゃんは、保育所の終了式の日だった。
朝保育所に連れて行くと、余震が大きかった為、終了式は急遽中止。
先生に、ハナちゃんが終了式に唄う「夏の思い出」を楽しみにしてたって伝えると、先生涙ぐんでた。

阪神大震災の時は、僕は独身で大阪で一人暮らしだった。
勤めていた会社は、もともと神戸が基盤の会社だったので神戸在住の方が大多数。
その時は、救援物資を届けようにも、大阪にも奈良まで行ってもカセットコンロも水も売り切れ状態で苦労した。
 今回の能登半島地震は、ペットボトルの水もホームセンターやスーパーにもあるので大丈夫の様子。
 僕やミホの友人を始め、以前勤めていた会社の人達、グループ会社や得意先、仕入先の人、母の癌友達や友人、父の友人、民宿のお客さん・・・いろんな縁で知り合った人がたくさん連絡をくれた。
本当に心のこもった言葉。
わざわざ物資を持って来てくれたり、訪ねてくれたり、メール、電話、手紙・・・色んな方法で。
良いお礼の言葉が見当たらない。
f0027396_140195.jpg

球根も取り出さず、世話もしないのに毎年花を咲かせてくれるチューリップ。
つぼみがいっぱい出てきた。
力強いもんやわ。
 今日はコタは、小学校の離任式の為、元気に走って出て行った。
でも、大分先の予約のお客さんからのキャンセルの電話はさみしいなぁ・・・
[PR]
by yadofukasan | 2007-03-29 14:07 | 地震情報

能登半島地震情報4

お墓を見に行って来た。
うちのお墓には、石碑が2つとお墓が新旧2つがある。
そのうちの古いお墓だけ倒れてた。
f0027396_1562288.jpg

その家からお墓までの自転車で5分の道のりでも・・・
f0027396_15796.jpgf0027396_157283.jpg
こんな張り紙をしている家がたくさんある。
コタの同級生の家も、この赤紙が・・・
日に日に、この紙を貼ってる家が増えている。
うちの2件隣も、黄紙が・・・
アサミちゃんの家も崩壊。
しばらくサキちゃんの家に仮住まいさせてもらうという。

 この夏クランクインの能登半島を舞台にした映画「海辺のテーブル」の監督がお見舞いに来てくれた。
 震災経験者のフットワークは軽い。
遠く芦屋から車にいっぱいの、ウェットティッシュや非常食、ポリ袋など・・・
ホント勇気づけられます。
やっさんも金沢から来てくれた。
さぁ、今日も完全復興目指してガンバロー!
[PR]
by yadofukasan | 2007-03-28 15:57 | 地震情報

能登半島地震情報3

揺れてなくても、揺れてるような感じがする。
ちょっとした「ミシッ」という音でビクッとする。
トイレもお風呂もゆっくり入れない。
当然、水が出ない世帯の事を考えれば「贅沢」な話しなんだけれど・・・
やっぱ精神的に疲れるね。
それでも、精一杯の「から元気」で、家族や仲間と「笑い」と「気合い」の掛け合い。

悲惨な画像は、もう充分テレビで見ていると思いますが・・・
f0027396_15385472.jpg

これは輪島漁港近くのセイちゃんちの前の道路。
セイちゃんちには、子供や孫が避難していて大家族状態。
 今日は少し余震が少ない。
バイクで数件知り合い宅を廻った。
唯一この震災で亡くなった方の通りにも、僕の知り合いが何軒かある。
サブロウ先生は、後一時間地震が早かったら、テレビの下敷きになっていたと言う。
f0027396_1552106.jpg

住吉神社の境内は立ち入り禁止。
夕市はいったいどうなるんだろう・・・
 コタハナは暇そう。
少し家の前の駐車場で遊んであげた。
[PR]
by yadofukasan | 2007-03-27 15:31 | 地震情報

能登半島地震情報2

指に刺さっていた、ガラスの破片が抜けた。
この程度で病院に行くのは、心苦しかったのでホッとした。
でも、ことあるごとにチクッとして何事にも支障があった。

うちの被害で一番大きかったのは、タンスや茶箪笥の転倒。
 買い物に行きたいが、問い合わせの電話が多いので家を留守にはできない。
でも、家族バラバラな行動はできない。
そんなジレンマの中、「タンス転倒防止グッズ」を求めホームセンターめぐり。
チェーンやベルト、突っ張りなど色んなものがあるが、結構売り切れ。
当然といえば当然。
とりあえず、値段なんか見る余裕もなく購入。
その間にも、色んな人から安否を気遣う電話やメールがある。
ありがたい事。
懐かしい人からも多数。
すごく励みになる。
かなり先の予約のお客さんからも電話がある。
当然ながらキャンセルも多数。
f0027396_2222044.jpg

一斉に避難の為に沖に出た漁船。
津波注意報も解除され、今は自衛隊の船だけ。
f0027396_2232716.jpg

勝手口の割れた食器達も片付けました。
f0027396_2243956.jpg

タンスの下から、まだ一度も外で乗ってない、大阪のジィジから買ってもらったコタハナの自転車が・・・
今日は復興の為、駆け付けてくれた名古屋や東京、新潟から水道関係の人達が宿泊される。
よろしくお願いします。
 電話もまだまだつながりにく状況。
メールの返信も遅れていて申し訳ありません。
[PR]
by yadofukasan | 2007-03-26 21:37 | 輪島のまち

能登半島地震情報1

ひどい地震。
深三に関しては、子供が不安がって離れないでいる状況。
あとは、割れたガラスで手を切った僕。
右中指の為、キーが打ちにくい。
たくさんの親戚や友人、お客さんからご心配メール、お電話頂き感謝しております。
家族バラバラな行動は出来ない為、周りの状況は把握しきれませんが、とりあえず、深三近辺の画像をアップします。
僕らも、状況次第では脱出も・・・
余震がすごく恐いです。
f0027396_902957.jpg

家の中はハチャメチャ。
タンスが全部倒れました。
この下には大事なポケバイとノンタンのヘルメットが・・・
f0027396_912589.jpg

近所のガソリンスタンド横の交差点。
電柱が傾いて、アスファルトが割れている・・・
f0027396_921691.jpg

郵便局前の道路。
道が陥没。
側溝の蓋も変形してる・・・
f0027396_932015.jpg

裏の神社の鳥居。
報道陣多数。
意外に浅く埋められていた鳥居の柱・・・
f0027396_942268.jpg

倒れた灯篭。
鳳至町で亡くなった方は、こういうのに下敷きになったのでしょうか・・・
f0027396_96483.jpg

神社の廻り。
誰も通ってなくてよかった。
f0027396_951749.jpg

これには、本当に言葉が見つからない・・・

ミホの金沢の親戚が、救援物資を持って来てくれました。
どうにも動けない状況だったので本当にありがたく感激。
能登有料道路も寸断され、下道で来たとの事。
それでもやはり大渋滞だったらしい。
能登は孤立してしまったのだろうか・・・
上空は自衛隊や報道関係のヘリコプターや飛行機が・・・
海上にも自衛隊の船。
どうなる事やら・・・
とりあえず第一報告まで・・・
[PR]
by yadofukasan | 2007-03-25 08:50 | 輪島のまち

5月発売のクロワッサン

午前中、「クロワッサン」の取材撮影。
5月発売のクロワッサン。
「アカギアキトさんが案内する輪島」という輪島4ページ、珠洲2ページの特集。
クロワッサンは5年程前にも、「三拍子揃った日本旅館」という特集で取材を受けている。
タイトルがタイトルだけに、すごく恥ずかしかった。
そしてその後の特別編集、別冊「日本の宿スペシャル」でも掲載していただいた。
クロワッサンの読者層とたまたま合ったのか、今でもこれらを見たお客さんが来てくれる。
恐らくクロワッサン読者と輪島の街も合うと思う。
 来られたライターさんは大阪で「Hanako West」の編集をしていたらしく、話しも楽しい。
 その後、取材陣は工房長屋の「藤八屋」さん撮影してた。
他には、どこを取材されたんだろう。
どんな風に仕上がるか・・・発売が楽しみで待ち遠しい。
f0027396_19531527.jpg

去年も来ていただいたお客さんから、お土産に横浜中華街「華正楼」の中華菓子と山下町「かをり」のお菓子。
美味しかったァ~。
[PR]
by yadofukasan | 2007-03-23 19:07 | 民宿の様子
朝市は今日も元気。
型の大きいハタハタが大漁。
大きいの10匹ほど買って帰ろうと思ったら、倍ほどおまけしてくれた。
しかも、安い。
一夜干しにしても、煮ても、揚げても何しても美味しい万能魚。
f0027396_1338168.jpg

これは、ホウボウとシシッポ。
良く似てるが、全く別の魚。
 上がホウボウ。
これは体に模様があり、ウロコがない。
ヒレも大きく、綺麗な模様がある。
刺身が絶品。
頭は味噌汁に入れるて食べる。
 下は輪島名シシッポ。
正式名はカナガシラという。
これは、ウロコがあって焼き魚やフライ、ぶつ切りにして鍋にも入れる。
輪島では最もポピュラーな魚。
 
色んな食材があって、おばちゃんとの会話も楽しい朝市。
毎朝通っても、飽きない朝市。
でも、去年末の「自○人」という雑誌に、「函館と輪島の朝市はおすすめではない」と書かれてあった。
メジャーな雑誌なので、読んだ人も多いだろうが、4ページにわたって朝市の特集をしていた。
「買い物には選択眼が必要」
「手作り品のようでそうでない」
「加工品の原産地表示がない」
・・・など結構否定的。
ぶっちゃけ一部、首を傾げたくなるような店があるのも事実。
でも、いい店もたくさんある。
朝市マップでご案内しますので、是非お尋ねください。
[PR]
by yadofukasan | 2007-03-22 13:15 | 輪島のまち

墓参り

家族全員で墓参りに行こう。
天気も良いし、朝市を経由して・・・
干物でお世話になってるフルクラさんに挨拶。
コタハナを連れて行くと、いつも自慢のサキイカを持たせてくれる。
コタハナの大好物。
そして、朝市のどんつき、輪島川の対岸でセイちゃんが植木いじりしてる。
「セイちゃ~ん!」ハナが叫んだ。
「コーヒー飲みに寄りぃ~」とセイちゃん。
それでは、お言葉に甘えて。

 セイちゃんちを出発し、ようやくお墓に着いた。
十数年以上前の事だと思うが、台風で墓が倒れたらしく、何箇所か欠けている。
坊さんには、「上だけでも変えたら?」って言われてる。
いつかはね。
f0027396_1421931.jpg

墓場を登って行くと、一本松公園。
ここは春になると、サクラが綺麗。
このつぼみは梅やな。
コタハナもよく歩きました。
[PR]
by yadofukasan | 2007-03-21 12:00 | 輪島のまち