親父の実家で始めた民宿「深三」の日常 あくまでも個人的なブログです・・


by yadofukasan
カレンダー

<   2007年 10月 ( 30 )   > この月の画像一覧

「白鷺のダイエーって行ってた?」
「電車寝過ごして千代田まで行ってもうた」
「狭山遊園地の跡地ってどうなってるかしってる?」
「何学区やったん?えっ8学区?わぁ!隣やん!僕7学区」
そんな南大阪トークでむっちゃ盛り上がった。

来られるまでは、いつものように憂鬱・・・
「何食べてもらったらええんやろう・・・」
ところがところが・・・

オオエセンリさんの出身が狭山とは知らなかった。
「え?奥さん堺?僕狭山」
そこから、バリバリ大阪弁。
「チェックインの時は、標準語でしゃべりあっててんでぇ」
「奥さんも飲むん?良かったらみんな一緒に・・・」
お酒もトークもすすむすすむ。
顔もまっかっか。

夕市で揚がったなりのカワハギやガンドを買ってきた。
地酒も食事も喜んでくれた様子。
すんごく感じのいい人やった。

晩遅く、明日「能登の花ヨメ」撮影最終日を控えた監督からメール。
「センリさん、喜んでくれてたよ。普段はイタリアンとワインばっかりの人やけど・・・」
そんな事、最初に聞いてなくて良かったわ・・・


[PR]
by yadofukasan | 2007-10-31 09:11 | 人、友人

輪島の穴子

f0027396_22415427.jpg

今までちょこちょこ、朝市で「穴子」を見かけていた。
いつかは買ってさばいてみようと思いつつ、今までやったことがなかった。
しかし、干物を買うついでにうめちゃんに聞いてみた。
「これどうやってさばいてくん?」
「目打ちしてから・・・・・・・やってみぃ!」

長っ!でかっ!
背骨の形が、変わっていたが何とかおろせた。
天ぷらにして食べたら・・・
んんんまい。

他にはどうやって食べよ・・・
まったくもって豊かな町。
[PR]
by yadofukasan | 2007-10-30 22:41 | 地の食材

口コミと紹介のお客さん

昨年「芸術新潮」の取材ででお世話になったIさんの紹介で、Iさんのご友人グループが来てくれた。
今は異動になって違う雑誌の担当をされてるが、「また、来たいと言っていた」と教えてくれた。
そして、昨日大阪の学生時代の悪友ヒロシから電話があった。
「会社の同僚が泊まりに行きたいって言ってるねんけど、空いてる?」って。
 そう、こういうふうに、口コミや紹介で深三に来てくれるのが一番いい。

先日、ある旅行雑誌編集者が「無料で掲載するので写真を撮らせてほしい」と深三に来られた。
組合の通達で全民宿を廻っていると言う。
「無料で雑誌に掲載します」
「その代わり、1件につき8%の紹介料を頂きます」
そういうことね。
「○ゃらん」や「○天トラベル」の類やね。
うちはそんなの今まで一度もやったことないのよね。
組合を通して廻って来られたので、丁重にお断りした。

口コミや紹介で来られるお客さんは、初対面といっても初対面でない打ち解けた部分がある。
それに間違った情報が入ってないので、お互い気が楽。
深三は少しずつでも、このスタイルでやっていきたいと思う。
f0027396_22572657.jpg
お客さんから「丹波の黒豆」をお土産にいただいた。
見た目は黒ずんでて悪いが、甘みがあってお芋のようにホクホクしてる。
このお客さんも、ちょっとイレギュラーだがご紹介のお客さんです。
[PR]
by yadofukasan | 2007-10-29 22:21 | 人、友人
朝が少し冷え込んできた。
外が明るくなるのも遅い。
コタハナの起きる時間も遅くなってきた感じ。

冷え込むと当然、タンクにある灯油の減りが早くなる。
2tのお風呂を一晩中沸かしてるもんだから、こう灯油が高くなるとため息がでる。
灯油を配達してもらうと単価が高いから、面倒でも安いホームセンターまで買いに走る。
ホームセンターとクレジットの両方のポイントが現金として帰ってくるからお得。
まぁ、主婦の努力の大きい版ってこと。
f0027396_14374366.jpg
先日「能登の花ヨメ」の穴水ロケを見学行った時に、能登中島にある「蕎麦処くき」というソバ屋にミホと行った。




店の雰囲気は古民家的でいい。
店員の若い女性も口角があがっててていい感じ。(笑顔ってことよ。)
僕達は一番奥の庭が見える席を陣取った。
手入れされたいい庭。
蕎麦も美味しいし、値段もグッド。
能登はちょっとこだわった蕎麦屋が多いねぇ。
ソバもいいが関西育ちの僕は、美味しいうどんにかなり飢えてます。
f0027396_14533360.jpg
このソバにイッシーヒサミさんからもらった京都祇園「源了郭」の黒七味をかけて食べたかった。
今度は必ず持参しよう。
[PR]
by yadofukasan | 2007-10-28 14:24 | おみやげ

枝豆のミルク寒天

えらい風と雨。
能登には大雨洪水警報も・・・
まさか、関東の台風の影響はないと思うけど・・・
能登半島は海に囲まれている。
輪島の漁がなくても、内海(珠洲、宇出津etc・・・)の漁はある。
何とか今日も魚を確保できた。
でも確保するまでが、不安で仕方ないけどね。
f0027396_1162689.jpg
枝豆をたくさんもらったので、ミホが枝豆でスィーツを作った。
枝豆のミルク寒天?
味はいいのに枝豆というのが、コタハナを一歩後ずさりさせたのか・・・
ミホは不機嫌・・・




・・・・・・・・・・・・不機嫌なミホを見て、僕がミホから一歩後ずさり・・・・・・・・・
[PR]
by yadofukasan | 2007-10-27 11:02 | 今日の料理
f0027396_14392598.jpg

忙しい合間を縫って、ドンプロデューサーがスタッフTシャツを持って来てくれた。
僕のL寸とミホのM寸。
そういえば、西遊記が輪島朝市にゲリラした時のスタッフも紅白の「西遊記スタッフTシャツ」着てたなぁ。
映画を作るときは、スタッフTシャツも作るんかなぁ・・・
よし、これを着て輪島先行上映を見に行くぞ。
子供用は・・・子供のスタッフなんておらんやろうし、そんなん作らんわな・・・
でも、L寸ってかなりデカイな・・・体重100キロの大阪のお義父さん用かな・・・

今晩ロケ隊は金沢に移動する。
能登からいなくなるなんて寂しいな・・・
はよ、帰って来て・・・
[PR]
by yadofukasan | 2007-10-26 14:38 | 人、友人

KAKITSUBATA 輪島展

深三の功労者、今は金沢でホテルに勤めるミドリからメール。
「能登の花ヨメの撮影部隊が、明日からうちのホテルに泊まります」って。
撮影部隊は明日から「能登の花ヨメ」は3日間金沢ロケに入る。
何とまぁ、世間は狭い。
「能登の花ヨメ」は金沢に行っても、深三から離れられませんね。
f0027396_1223121.jpg

東京中目黒の燕子花からDMが届いた。
「手わざの細道 うるしの国のもの語」のエンディングにも出ていた・・・
              輪島がんばれ!
          輪島展やります。山口智子  
          WAJIMA KAKITSUBATA
そう、カキツバタ別館での輪島展の案内。
DMには・・・
「能登半島地震後、輪島の漆器業、酒造業、デザイナーと共に活動を開始したプロジェクトです。第一弾のテーマは、‘テーブルウェア‘。旨い酒を輪島塗酒器と共にご紹介してゆきます。」

是非、みなさんお立ち寄りください。
むちゃくちゃ僕も行きたいなぁ・・・
ミホは「行っておいで」と言ってくれてるけどね・・・
[PR]
by yadofukasan | 2007-10-25 11:44 | 人、友人

飲みすぎでした・・・

飲みすぎたぁ・・・
お酒って家に帰ったら一気に酔うのよね・・・
自分の家の門が、なかなか開けれない・・・
そして力尽きてしまう・・・
ようやく家に入る。
・・・でも飲みすぎたのがバレるのが嫌で、ミホの顔を見た途端、目を無理やり大きく見開けて、必死にしゃべりまくる。
そしてしゃべればしゃべるほど、ろれつが廻らずボロが出て自爆・・・

 どんなに酔っててもお風呂には必ず入るのが僕のポリシー。
でも、そこでも体を洗ってる最中に力尽きる。
必死にガンバるが脱衣場でまた力尽きる。
寒くなって体を一生懸命拭く。
2階に上がる力が無く一階リビングで寝る。
寝にくくて朝4時半に2階に上がる。
コタが大の字に寝て、僕の布団を占領しているので、謙虚にスミの方に入る。
ミホが気づきませんように・・・
でも朝、ミホは知っていました・・・まぁ飲みに行ったらいつもの事だから・・・?
f0027396_13452868.jpg
トイレ行ってる間に、僕のカメラで勝手に撮ったでしょ~。
ビビリましたわ。
ということで料理の画像はヤメにして載せちゃいます。
そう、昨晩は「能登の花ヨメ」のドンプロデューサーと一緒に飲んでいました。
場所は「山海」という居酒屋。
店内は広くないけど、愛想のいいご夫婦が2人で一生懸命きりもりされてます。
海の幸もまことに美味しいが、大阪で中華も修行したというのでメニューも豊富。
ドンさんもよろこんでくれました。
[PR]
by yadofukasan | 2007-10-24 13:24 | 人、友人
せっかくドンプロデューサーに誘っていただいたのに、ミサッチャンの花嫁姿が見れんかった。
今日は「能登の花ヨメ」の最終シーン、花嫁行列の撮影。
「午前中は白無垢着てるわ。綺麗やでぇ」って電話を頂いたのに・・・
午前はお客さんの段取り、午後は来客・・・くやしぃ・・・
f0027396_959233.jpg
そして、先日取材のあった、UCカードの会員向けに50万部発行されてる「てんとう虫」という雑誌ができあがりました。
ありがたいことに、「漆」をテーマに22ページの特集。
物知りで面白いカメラマンさんやった。
でも、こんなに上品で綺麗な写真。
早速、予約のお客さんがいらっしゃいました。
ありがとうございました。
[PR]
by yadofukasan | 2007-10-23 09:53 | 民宿の様子

初、ケインノアと食事

3年程前から若い女性ばっかり8名程で、年に2回来られるAさん。
その度に醤油などの調味料など、輪島の食材をたんまり買って帰る。
今回は、一升瓶を入れるケースを車に積み込んでいるのを発見してしまった。
しかし、こんな若い女性が遠い岐阜の美濃から、輪島の食材を買いに年に2回も来てくれるなんてうれしい限りです。
f0027396_11203619.jpg
毎日遊びに来るコタの悪友ケイン。
思いつきでケインに「今日一緒にご飯食べるか?」と聞いたら、やんちゃなケインが意外にも・・・
「じゃぁお母さんに聞いてぇ」とお願いしてくる。
「よう言わんの?」いつもの景気良さはどこ行ったんや?
家じゃお母さん恐いんか?
「コラ!ケイン!片膝立ててご飯食べたらアカン!」
どう?俺の方が恐い?
f0027396_11223678.jpg
ケインの妹ノアちゃんも一緒にご飯。
ハナちゃんもノアちゃんと一緒だと遊びも言葉使いも女の子らしい。
「こらぁ!写真、写すなぁ!」
これはノアちゃんの弁。
ノアちゃんが一番恐いかも・・・
[PR]
by yadofukasan | 2007-10-22 11:06 | 人、友人